テレワークへの取り組み

How to Achieve
Sustainable Remotework

常時テレワークを採用しています。

テレワークを採用することで、移動時間を削減し、
従業員のワークライフバランスの向上、顧客満足度の向上、提供するサービスの質の向上を更に進めていきます。

    当社のテレワーク概要

  • 2020年4月から社員全員が完全在宅勤務を実現(出社は必要に応じて可能)
  • ICTツールとして Wrike、Slack、Google Workspace、freeeを使用
  • フレックスタイムを導入しており、コアタイムにはGoogleMeetで常時繋がっている状態にしていますので
    質問や話し合いがしやすい環境
    (カメラ、マイクは必要に応じて各自オンオフ切り替えているので集中して作業出来る)
  • 定期的に全社員での雑談タイムを設けたり、slackにも雑談チャンネルを設け、コミュニケーション不足の解消を図っています

テレワーク採用の目的

  • 従業員のワーク・ライフ・バランス向上

    通勤にかかっていた時間を自己啓発や趣味に費やす時間、家族と過ごす時間に利用してもらうことで職場満足度を高め、
    また育児・介護の時間が確保しやすくなることで従業員のワーク・ライフ・バランスが向上しています。

  • 業務生産性向上

    顧客訪問時に営業スタッフがノートPCやタブレットを携行し、その場で制作スタッフが即時対応することで顧客先への同行が不要となり、顧客満足度を下げることなく専門職スタッフの本来業務の時間を確保しています。

    また、在宅勤務によって来客対応や電話対応などでデスクワークが中断されず、スタッフが業務に集中できる環境を確保しています。

  • 新規雇用・離職防止の取り組み

    現住所在地不問で全国規模の求人活動を行うことで、転勤を望まない優秀な人材の発掘を進めています。
    更に、通勤を必要としないことで外出が難しいため就労に至っていない障がい者の新規雇用が期待できます。

    また、在宅勤務可能な状況を提供することで結婚や出産などのライフスタイル変化に対応し、中堅・ベテランスタッフの継続的な雇用を目指します。

  • コスト削減/節電

    データ共有や業務管理をオンライン上で行い、更にバックオフィス業務についてもオンラインツールを使用することにより、これまで膨大に発生していた紙資料や印刷にかかる電力の削減が可能となりました。

    またオフィス出社人数の大幅減少により、光熱費や通勤手当も削減されています。

  • 事業継続性確保

    普段からテレワークを導入することにより、自然災害や新型コロナ、インフルエンザなどパンデミック発生時のような非常事態であっても従業員の安全を確保しつつ、業務を継続できます。

    また、荒天時についても通勤時の交通混乱による長時間拘束を避けることができます。

社員の声

Real opinions
from employees

社員が感じているテレワークのメリット

  • 事務所だと背中合わせで仕事をしていましたが、Google meetだとメンバーと顔を合わせて話すことが圧倒的に増えました。

    仕事中も1-3時間の移動時間が無くなったことで、1日にこなせる量が増え、作業効率が上がりました。 テレワークおすすめアイテム

    iPods air・背もたれがある椅子

  • 出退勤の時間が無くなり、朝と夜に時間の余裕が生まれプライベートが充実しました。

    また仕事の休憩時間に家事を行うことができ、生活空間のクオリティが上がりました。
    外に出ない事で余計な出費が抑えられ貯金額が増えています。
    テレワークおすすめアイテム

    姿勢矯正ベルト・低反発座布団

  • ・起きてすぐ仕事に取り掛かれる
    ・昼の休憩の間に買い物に行ったり、横になって昼寝できる
    ・外食やコンビニを利用することが減り出費が抑えられる テレワークおすすめアイテム

    姿勢矯正ベルト

  • 朝夕の通勤がないことで時間・体力・気持ちに余裕が生まれ、業務に集中できる環境が得られていると感じます。
    また通勤途中に寄り道する、ということも無いため予定外の出費を抑えられるのもありがたいです。

    あと私は犬を飼っているのですが、仕事中ずっと足元で愛犬が寝ているという環境は最高に癒されます! テレワークおすすめアイテム

    サーモスのタンブラー・ペパーミントの精油

  • 子供たちに仕事をしている姿を見せられることが、子供にとってとても良い影響を与えられる事に気付きました。

    大人が、うまく行く時も行かない時も真摯に仕事に向き合う姿だったり、仲間同士で助け合ったり笑い合ったりする姿を見ているので、子供たちが「働く」という事に対して前向きなイメージを持ってくれるようになりました。 テレワークおすすめアイテム

    耳をふさがないタイプのイヤホン

  • 通勤しないことで、時間的にも体力的にも余裕ができていますし、余計な被服費・ラテマネー等の出費が抑えられています。

    子ども達の行事の前後でもすぐ仕事ができるのも助かります。
    子ども達に仕事している背中を見せられるので、子ども達にとっては漠然としがちな仕事に対してのイメージや、問題解決の方法について話す機会が増えました。 テレワークおすすめアイテム

    サーモスのポット・weckのストレート

  • 通勤が無い事で精神的に助かっています。余裕が出たことで作業への集中力が最後まで続きます。

    我が家は高齢のウサギがいるので、体調を常に見てあげられることがありがたいです。
  • 小学生と幼稚園のこどもがいるので、通勤時間を気にすることなく始業時間ギリギリまで家事ができるのはとても助かります。

    また、在宅時間が増えたことで家の中の汚れや物が目につくようになり、断捨離も始められたのは一石二鳥です。
  • 今まで会社に拘束されていた通勤時間や昼休みがフリーになることで、気持ちの余裕ができることは私にとって大きなメリットです。

    休憩時間は家事に充てたり、小さな用事を済ませることもできるので、家庭のタスクが溜まらなくて助かってます。
    仕事時間は仕事、休憩時間はリラックスと、メリハリができるので集中力も続きます。