よく耳にするGoogle アナリティクスってなに?

Google アナリティクスとは、サイトにどんな人が訪れ、どんな行動をしているか分析し、サイト改善のヒントを得ることができるアクセス解析ツールです。

お客様のビジネスに適した分析ツールとソリューション – Google アナリティクス

引用元:Google アナリティクス

この記事ではアナリティクスの基礎知識やメリット、デメリットを解説します。

現在サイトのアクセス状況などを把握していない方はGoogle アナリティクスの導入を考えてみてはいかがでしょうか?

Google アナリティクスとは

Google アナリティクス トップページ

Google アナリティクスはGoogleが無料で提供するアクセス解析ツールです。

アクセスしたユーザーのデータ計測・解析をおこない、サイト改善のヒントを得ることができるWEB運用に必須のツールです。

Google アナリティクスで計測したいサイトを登録すると「トラッキングコード」が付与され、そのトラッキングコードをサイトに埋め込むことでデータの計測を開始することができます。

計測できるデータはおおまかに以下の4カテゴリーとなります

項目分かること計測できる数値
オーディエンス「どんな人が」「どれくらい」 サイトに訪れているか?・オーディエンス(PV/UU/セッション)
・デバイス(PC/スマホ/タブレット)
・OS(Windows/Mac/iOS/Android)
・新規顧客/リピーター
集客「どこから」サイトに訪れているか?・チャネル(オーガニック検索/SNS/参照元/リスティング広告/direct)
・広告/非広告
・検索キーワード
・ソーシャル(Twitter/Facebook/Instagram)
行動「どのページ」をみているか・最初に閲覧したページ(ランディングページ)
・閲覧ページ
・行動フロー
コンバージョン目標(お問い合わせや予約)を達成したか・コンバージョン※
・コンバージョンへの貢献度(アトリビューション)
※コンバージョンとは設定している目標(お問い合わせや予約)などに到達した成果を指します。

上記のデータから、サイトに訪れたユーザーの行動を把握し、サイトの導線などの改善方法を見出すために使用します。

Google アナリティクスを使うメリット・デメリット

Google アナリティクスを使うメリット・デメリット

Google アナリティクスは無料で使えるツールです。

ここではメリット、デメリットについてお伝えします。

Google アナリティクスのメリット

無料でありながら高機能なツールであることが最大のメリットです。

WEB解析で定番のツールであるため、多くの情報がインターネットに存在し、わからないことも検索すれば解決方法が得られるでしょう。

また別ツールのGoogle サーチコンソールやGoogle 広告などのツールと連携可能で活用方法が多くあります。

Google アナリティクスのデメリット

初心者の方には確認するべき項目がおおく理解や習得まで時間がかかります。

Google アナリティクスの初期設定でも分析は可能ですが、分析効率をあげるためにはカスタマイズが必須となります。

そのため機能を理解し設定する必要があります。

また、「WEBサイトをどのように移動したか」という大きな分析は得意ですが「各ページでどの様にアクションを起こしたか」という各ページでの分析には不向きです。

まとめ

今回はGoogle アナリティクスについて解説いたしました。

Googleアナリティクスは無料でありながら高機能で、WEB運用に必須のツールです。

無料なので一度サイトを登録してみることをオススメします。

またブログの中で、「Google アナリティクスの登録方法」「Google アナリティクスの活用方法」などをお伝えいたします。