ローカルSEOとは?SEO対策との違いと地域検索で上げるための施策

特定の地域にフォーカスしたSEO対策「ローカルSEO」。

美容院や飲食店、病院など、特定の地域で検索されることで集客に直結するような店舗型のビジネスを運営している方にとても有効な集客方法です。

この記事では、ローカルSEOについて詳しく説明するとともに、ローカルSEOのメリットや具体的な施策についてお伝えします。

まだローカルSEO対策ができていない方はぜひ参考にしてください。

ローカルSEOとは

2609721_s

ローカルSEOとは、地域性に特化したSEO対策のことを指します。

検索結果のほかにグーグルマップの検索結果にも表示されるように、特定の地域で自分のお店やサービスを必要としている人に届けるための施策です。

例えば「奈良市 美容院」「梅田 歯医者」など、基本的には地域ワードを入れたキーワードで対策をしていきます。 ただし最近ではGoogleの精度が上がってきており、地域名を入れなくても現在の位置情報から最適な地域を検索結果に表示させます。

 わざわざ地域名を入れなくても「駐車場」「小児科」「近くの歯医者」「安い美容院」などの検索キーワードでもローカルSEOが適用されるようになってきました。

SEO対策との違い

それでは一般的なSEOとの違いはなんなのでしょうか。

通常のSEO対策は「検索エンジン最適化」と言われ、特定のキーワードでの検索結果上位表示を目指す施策です。 ローカルSEOのように地域を絞っておこなう施策とはまた少し違ってきます。

SEO対策はキーワードによっては個人店や中小企業では太刀打ちできない領域もありますが、ローカルSEOで地域に特化させれば、競合が少ない場合が多く戦う余地が残されています。

そのため、ローカルSEOは中小企業や個人にとっては有効な集客方法と言えるでしょう。

MEO対策とは?

こういった対策は、海外では「ローカルSEO」と呼ばれていますが、日本では「MEO対策」とも呼ばれることもあります。

「MEO」は「Map Engine Optimization」の略称で、マップエンジン最適化のことです。

マップエンジンの最適化はローカルSEOにとって必須であり、これをしなければローカルSEO対策は意味を成しません。

MEO対策=ローカルSEOと覚えておきましょう。

ローカルSEOの種類

ローカルSEOには以下二つの表示方法があります。

  • ローカルパック
  • ナレッジパネル

ローカルパックもナレッジパネルも、ユーザーが知りたい内容がきちんと表示されるように設定しておく必要があります。

 両者の違いを詳しく見ていきましょう。

①ローカルパック

ローカルパックとは、地域ワードを含むキーワードで検索したときに検索結果に表示されるグーグルマップの情報です。

ローカルパックだけでも表示方法は3通りありますが、すべて大手ポータルサイトよりも上位に表示されるため、ユーザーにとって重要な指標となります。

「キーワード+地域ワード」で検索したときに表示されるのが下の画像のようなのローカルパックです。


基本的には検索したときの大半がこの表示になると思ってよいですが、

  • 店舗名
  • 評価,口コミ数
  • 業種
  • 住所
  • 営業時間
  • サービス内容

が表示されます。

会社名や店舗名などの固有名詞で検索したときに表示されるような「ローカルABCパック」と言われるようなものもありますが、こちらもローカルパックの一種です。


このローカルABCパックでは、直接Webサイトへ飛ぶことができますが、ローカルパックの種類によってはそのままWebサイトへ飛べないこともあります。

店舗名をクリックして、始めてWebサイトへ遷移する選択肢が出てきます。 これは、Googleが自動で取得している、ローカルパックに表示される情報だけでユーザーをひきつける必要がある、ということでもあります。 Webサイトは必ずしもすべてのユーザーに必要ではないのです。

営業時間、場所、口コミさえ分かればそれでいい、というユーザーも一定数いるため、ここに表示されるビジネスプロフィールをきちんと設定することが重要です。

関連記事:Googleビジネスプロフィールとは?メリットとできること

②ナレッジパネル

続いてナレッジパネルです。


ナレッジパネルは上の画像のように、店舗名や会社名など固有名詞で検索したときに出てくる右側に出てくる縦長のパネルです。

ナレッジパックはローカルパックと同じように、Googleビジネスプロフィールで設定されている情報、もしくはGoogleが収集した情報で構成されています。

ユーザーがWebサイトを訪れなくても、ナレッジパネルを見れば概要が知れるような内容が表示されます。

ここでユーザーの興味を惹くには、Googleビジネスプロフィールの情報を網羅的に設定しておくこと、こまめなメンテナンスをおこなうことが重要です。

SEO対策で大手ポータルサイトに勝てなくても、ローカルパックやナレッジパネルで、ユーザーに適切にアプローチすることができますよ。

ローカルSEOのメリット

ローカルSEOには具体的にどのようなメリットがあるのか一つずつ解説していきます。

集客に直結しやすい

ローカルSEOでは、特定の地域を入れて検索することがほとんどです。

その時点でターゲットは絞れていて、しかもターゲットは「その場所に行きたい」という願望を持って検索しています。 そのため、集客につながりやすいと言えるでしょう。

さらに、検索結果でも広告の次に表示されることが多く、通常のSEO対策で上位表示されているサイトよりも優位性は高いです。

そのためユーザーの目に触れやすく、またローカルパックやナレッジパネルはWebサイトにアクセスしなくてもWeb予約ができたり、電話番号を知れるためユーザーも行動を起こしやすいのではないでしょうか。

競合が少ない

通常のSEO対策は絞り切れないキーワードに対して上位表示を目指す必要があります。

つまり競合が強いキーワードでも果敢に攻めていかなければいけません。 ですがローカルSEOであれば、地域が特定されているため通常のSEOと比べると競合はグンと減ります。 競合が減れば自分の戦い方も見えやすくなってきます。

費用対効果が高い

通常のSEO対策は、競合が強い場合が多いと先ほどお伝えしました。

上位表示が難しくなる分、SEO対策に有効なツールを契約したり、もしくはSEOコンサルが必要な場合もあるかもしれません。

それに比べてローカルSEOは、基本的に無料で使えるGoogleビジネスプロフィールの設定をするだけです。

もちろんユーザーやGoogleに最適化する必要はありますが、通常のSEOに比べて競合が少ないため、費用をかけずに集客できる可能性が高いと言えるでしょう。

ローカルSEO対策の具体的な施策

23121802_s

ローカルSEOには大きく分けて3つの施策があります。

これらを知っていることで、ローカルSEO対策の完成度が変わってくるため、ぜひご自身のGoogleビジネスプロフィールに反映させましょう。

「Googleビジネスプロフィール」に登録

まずはローカルSEO対策において、必須となるGoogleビジネスプロフィールに登録しましょう。

検索結果に表示されるローカルパックやナレッジパネルは、このGoogleビジネスプロフィールの情報を元に掲載されています。

Googleビジネスプロフィールを設定していないと、そもそも打席にすら立てません。

無料で使えるサービスなので、まずはアカウントを取得することかが始めてみましょう。

ローカルSEO対策において重要な3つの指標を知る

まずは、店舗や会社の情報を充実させていきましょう。

通常のSEOと同じく、ローカルSEOでも「ユーザーに役立つ情報を提供する」ということに変わりはありません。

Googleビジネスプロフィールの設定において、重要な指標が3つあります。

  • 関連性
  • 距離
  • 知名度

これら3つの指標は、Googleが「ローカル検索結果の表示を決める際の仕組み」として公式に発表しています。

つまりこの3つの登録情報は上位表示に大きく関わるということです。 一つずつどういう意味なのか見ていきましょう。

関連性

「関連性」で評価される観点は、検索キーワードとGoogleマイビジネスへ登録する情報の関連性です。

この関連性が高いほど、Googleからの評価も高まります。 Googleマイビジネスに登録できる情報は以下です。

  • 名前
  • 住所
  • ウェブサイト
  • カテゴリ
  • 営業時間
  • URL
  • 属性
  • 写真

検索キーワードを「歯医者 奈良」とするならば、住所は奈良であることはもちろん、属性なども工夫する必要があるでしょう。

距離

「距離」は、検索キーワードに含まれる場所からの距離のことを指します。 この距離が近ければ近いほどユーザーにとっては利便性がいい、と判断され、上位に表示される可能性が高くなります。

最近では「歯医者」と、地域名を指定せずに検索すると検索場所から近い歯医者が表示されますよね。

それくらい「距離」での指標はユーザーにとって大きなものという認識を持っておきましょう。

知名度

「知名度」はWeb上での知名度だけでなく、オフラインの知名度も加味されるようです。

オフラインの知名度においては、チラシを配ったり、地元広報誌などに載せたりといった手法が考えられます。

Web上での知名度は、口コミ数、スコアはもちろん、外部リンクによっても高められます。 例えば地元を紹介しているWebサイトで「おすすめ」に載ったり、SNSで拡散されたりといったものですね。 もちろん、検索で上位に出てくるという部分も加味されるため、SEO対策は知名度を上げるために有効な施策です。

「NAP」の表記を統一

「NAP」とは

Name (名前)
Address(住所)
Phone(電話番号)

上記3つのことを指します。

これら3項目の表記を統一する、ということも重要です。

Googleは、Googleマイビジネスの情報だけでなく、Webサイト、SNSなどあらゆるNAP情報を基に、評価をしています。

例えばNameの表記違いで言うと

  • 株式会社○○」と「(株)○○」の違い
  • カタカナと英語の違い(例:「ABCcafe」「ABCカフェ」)

が多いです。

Addressは

  • 漢字とアルファベット(例:「3階」「3F」)
  • ハイフン表記(「2丁目2-2」「2-2-2」)

などが挙げられます。

半角全角はもちろん、こういった表記についても統一しておきましょう。

Phoneについては

  • 市外局番の表記(「06」「(06)」)
  • ハイフン表記(「06‐3333‐4444」「0633334444」)

などが多い印象です。

これらも全角半角だけでなく、表記ゆれはなくしていきましょう。

まとめ

22400414_s

ローカルSEO対策は、地域でビジネスを展開するにあたっては外せない施策です。

ローカルSEOで上位を取れれば、SEO対策にも役立ちますし、間違いなく認知度も上がっていきます。

Googleの評価基準である3つの指標とNAP表記に重点を置きながら、適切なGoogleビジネスプロフィールを作成しましょう。