Googleアナリティクスで把握するべきポイント – オーディエンス編

Google アナリティクスとは、サイトにどんな人が訪れ、どんな行動をしているか分析し、サイト改善のヒントを得ることができるアクセス解析ツールです。

Google アナリティクスがどういった物か解説した記事は「よく耳にするGoogle アナリティクスってなに?」をご覧ください。

Google アナリティクスの登録方法をしりたい方は「Googleアナリティクスを登録してみよう」をご覧ください。

今回はGoogle アナリティクスを使用する上で、把握するべきポイント”オーディエンス編”を解説いたします。

Google アナリティクスで把握するべきポイント

ここではGoogle アナリティクスの把握するべきポイントを解説してきます。

Google アナリティクスでは

  • アクセス数をチェックする”オーディエンス”(ユーザー)
  • どの様な方法でサイトにアクセスしたかチェックする”集客”
  • サイト内のどのページを閲覧しているかチェックする”行動”

の項目にまとめられており 各項目内で様々な数値を見ることが可能です。

引用:よく耳にするGoogle アナリティクスってなに?

行った施策がどういう結果を生み出したか検証を行うツールで、アクセス解析と改善を繰り返し、ユーザーにとって使いやすく成約率の高いサイトづくりに必須のツールとなります。

今回はアクセス数をチェックできるオーディエンスについて解説いたします。

Google アナリティクスのオーディエンスについて

オーディエンスとはサイトにアクセスしたユーザーについての情報を確認する事ができ、ユーザーの属性や使用しているデバイス等を調査する事ができます。

アクセス数

「ユーザー」の中にある「概要」でアクセス数を見ることができます。

右上で計測したい期間を指定する事ができます。

ユーザー

ユーザーとは指定した期間にサイトにアクセスしたユーザー数を指し

  • 複数ページを遷移
  • 別の日に再度サイトに訪問

の場合でもユーザー数は1と換算されます。

ユーザー数が増えていれば、サイトが成長していると言っても過言ではありません。

ここの数値を見て、「どのような経路でサイトのアクセスが増えているのか?減ったのか?」を確認する事が重要です。

セッション

セッションはユーザの計測方法とは異なり、

  • 日を跨ぐとリセット
  • 30分操作を行わない

上記の場合、再度計測されます。

同じユーザーが1日に2回アクセスした場合、感覚が30分以上であれば”2”と計測されます。

別日にアクセスした場合はカウントが追加されます。

セッション数が多い場合、サイトに興味を持っている、もしくは成約率の高いユーザーの可能性があります。

セッションは下記画像の赤枠で”セッション”を選択すると確認できます。

ページビュー数

ページビュー数はサイトにアクセスしたユーザー数に関係なく、ページの遷移数になります。

  • サイトに訪問後、1ページも遷移せずに直帰(1)
  • 5ページ閲覧(5)
  • 一度目訪問 直帰(1) 再度訪問し3ページ閲覧(3)

上記の場合ページビュー数は(10)となります。

ページビュー数の数値が伸びている場合、サイト内の動線がユーザーにとって快適であり、ページを読み進めれる構造になっていると思われます。

ユーザー属性

サイトのターゲットやペルソナを設定している場合、ユーザーの性別や年齢層を確認する必要があります。

ユーザー属性を把握してターゲットユーザーに届いているか確認しておくことが重要です。

年齢・性別

「ユーザー」から「ユーザー属性」を選択し、「概要」に進むとアクセスしたユーザーの性別と年齢の平均値を確認することが可能です。


ここを確認し、狙ったユーザーがちゃんと集客できているか?を確認してみましょう。

さらに、「ユーザー属性」の中にある「年齢」をクリックすると、各年齢別のデータを確認することができます。

デバイス

「ユーザー」から「モバイル」を選択し、「概要」に進むとアクセスしたユーザーがどのデバイスでアクセスしているか確認ができます。


ここでサイトを運用する上で、どのデバイスに最適化することが重要になるのかの判断材料になります。

「セカンダリディメンション」の中にある「オペレーティング・システム」を選択するとアクセスしたOSの確認ができます。

まとめ

今回はGoogle アナリティクスのオーディエンスについて解説していきました。

オーディエンスではユーザーの年齢や性別、ページを巡った回数などを把握することができ、サイト改善後に必ずチェックしておきたい項目です。

サイト運用に是非ご活用ください。

次は「Googleアナリティクスで把握するべきポイント – 集客編」でお会いしましょう。