検索順位チェックの重要性!チェックツールもご紹介!

「自社サイトの検索順位が気になるけど、どうやって調べるのかわからない!」というお悩みがありませんか?

この記事では自社の検索順位を確認するツールを紹介します。

検索順位をチェックする必要性

検索順位をチェックする必要性

サイトを運営する際、内部や外部の施策を行い、どれくらいの効果があったのかを調べる必要があります。
施策を行った前と後に検索順位の変動をツール等でチェックしておくと、どの施策が効果的だったか確認することができます。

検索順位チェックのメリット

順位が落ちた時に対策を講じることができる。

常に検索順位を確認していれば、検索順位の下落にすぐ気づくことができ、ページのリライトや、新ページの追加、またはトップページの変更などの対策をスムーズに行うことができます。

サイトの評価傾向をある程度予測できるようになる

日々変化する検索順位を常に把握しておくことで、サイトの評価傾向を予測しやすくなります。

サイト変更後に順位が上昇した場合、検索順位を把握していれば変更した箇所のどこが評価を上げたのか分析できるようになります。

検索順位をチェックするタイミング

検索順位をチェックするタイミング

アクセス数が下がった時

自社のサイトのアクセスが急激にさがった場合は検索順位が変動した可能性が高いです。
検索順位を常にチェックしておくことで、

  • なにが原因なのか?
  • どのタイミングで下がったのか?
  • どのページの順位が下がったのか?

などを把握することができます。

サイトを変更した時

サイト変更後は検索順位が変動する可能性が高いです。
1週間程度で検索順位に効果が現れますので、どのような効果があったか確認をしましょう。

常に確認する

検索順位は常に変動しています。
順位を把握しておくことで、「ライバルサイトがホームページで新しい施策を行って自社サイトより上に表示されるようになった・・・」や「自社の施策で検索順位が上がり、ライバルサイトに勝てた!」など、 ライバルサイトの動向の把握や、WEB運用のモチベーションアップにつながります。

検索順位を把握する為の無料チェックツール

Googleサーチコンソール(無料)

GoogleサーチコンソールはGoogle社が提供する無料ツールです。
無料ツールでありながら、サイトの運用に役立つ機能が揃っており、その機能の一つとして検索順位の確認があります。

Google 検索での掲載順位を改善する

引用元:Googleサーチコンソール

メリット

  • Googleのツールなので情報に信頼性がある
  • 把握していなかった検索キーワードがわかる
  • 毎日の順位を記録することができる
  • ネットが使えればどこからでも確認可能

デメリット

  • ユーザーの検索したキーワードしか調べられない
  • 3日前の結果しかわからない
  • 自社サイトの検索順位しかわからない

SEOチェキ(無料)

シンプルかつすぐ使えるのがSEOチェキです。
非常に簡単に検索順位を把握することができるので、ちょっと調べたい人などはこちらのツールを使うことをオススメします。

SEOチェキ! 無料で使えるSEOツール

引用元:検索順位チェック

メリット

  • 会員登録など不要で利用ができる
  • シンプルで使いやすい
  • キーワードを同時に3つ調べることができる

デメリット

  • 調査に時間がかかる
  • スマートフォンの順位が調べられない
  • 順位の記録ができない

GRC(無料・有料プラン)あり

Google Yahoo Bingの検索順位をチェックするツールです。
多くのキーワードを登録し、毎日自動で順位を測定・記録してくれます。

サイトの順位を常にチェックし、積極的にWEB運用を行いたい方にオススメのツールです。

無料版も用意されており

  • 登録可能URL3つまで
  • 検索キーワード20個まで
  • 上位100位追跡2個まで

という制限がありますが、小規模サイトなら十分な機能を用意しています。

無料版で不便を感じたら有料版に切り替えても良いでしょう

Google/Yahoo/Bing 検索順位チェックツールGRC

引用元:検索順位チェックツールGRC

メリット

  • 毎日自動で検索順位を追跡してくれる
  • 検索順位を記録してくれる
  • ライバルサイトの順位もチェックできる

デメリット

  • 調査に時間がかかる
  • Windowsにしかインストールできない
  • クラウドではないのでインストールしたPCでしか確認できない

まとめ

今回は検索順位を把握する重要性と、チェックツールをご紹介しました。

検索順位は常に変動しますので、順位をチェックし新しい施策に取り組みましょう。