「会社概要」ページは企業の「名刺」です

新たな会社と取引を始める時や、就職活動をする時、またはネットショッピングをする時などに、ほとんどの人がまず初めにすることと言えば、

その会社のWebサイトを確認すること

だと思います。

では、もしそのサイトに、その会社の正式名称、代表者名、住所や連絡先など、はっきりとした情報が載っていなかった場合、みなさんはその会社に対して、どのように感じますか?

「本当に実在する会社なんだろうか?」
「信用しても大丈夫なんだろうか?」

などと不安な気持ちになりませんか?

どんなに素敵な見栄えの良いサイトであっても、会社概要が不明瞭だと不信感を与えてしまいます。

そしてそんな不透明で信用のおけない会社とは、取引も就職も買い物もしようとは思わないでしょう。

その意味で、Webサイトの「会社概要」のページはとても大切なのです。

一見「会社概要」のページは、事務的で地味な印象であることも多いのですが、実は会社の「名刺代わり」となる、とても重要な役割を担っているのです。

そんな大切なページであるのに、意外とこの「会社概要」が不完全であるサイトが多く存在しています。

ここでは、訪問者に信頼を与え、会社にプラスの方向に働く「会社概要」とはどういったものなのかをご説明いたします。

「会社概要」に記載するべき項目とは

<必ず記載するべき項目>

  • 会社名
  • 代表者氏名
  • 住所(ECサイトの場合も所在地を必ず明記する)
  • 電話/FAX
  • E-mail
  • URL
  • 創業年月日
  • 事業内容(取扱内容、サービス内容)
  • 資本金(法人の場合のみ)

<必要に応じて記載する項目>

  • 従業員数
  • 売上高
  • 主要取引先企業名
  • 取引銀行
  • 沿革
  • 企業理念
  • 問合せ受付時間・営業時間

会社に「人間味」をプラスする

「会社概要」のページでは、前述した必須項目がきちんと記載されていればまずは問題ないのですが、

そこに、会社独自の個性をプラスすれば、

会社の印象をより印象深くすることができます。

企業理念であったり、サービスについてのお客様とのストーリーなど、

思いやエピソードを少し加えると、会社の「人間味」を伝えられます。

そうすることで、訪れた人に親近感を持ってもらったり、

共感してもらうことができれば、会社にも良い結果をもたらしてくれるのではないでしょうか?

まとめ

会社概要ページとは、

●訪れた人への「名刺」と考え、会社の正式な情報を漏れなく記載する

●思いやエピソードなどを伝えることで、会社に「人間味」をプラスする

ことによって、訪れた方に安心と信頼を与える大切なページです。